新型コロナの影響で、テイクアウトに力を入れている飲食店の方へ


新型コロナの影響で、テイクアウトやデリバリーを始める飲食店の方が増えています。このご時世です。積極的に許可をとって、新たな商材を作ることも大事なことです。ヒット商品ができれば、コロナが過ぎ去ったあともお店に貢献してくれるはずです。ですが、飲食店営業許可ではカバーできないものもたくさんあります。その為には別の許可をとる必要があるのですが、面倒くさいからやめておこうではなく、積極的に許可をとりにいくことも考えてください。むしろ長期的に考えれば、あのときやっておいて良かったと思えることもあるはずです。今だからこそできる積極的な経営もあると思いますので、新たな戦略をこの機会に考えていただければと思います。主な、許認可を以下解説します。

テイクアウト・デリバリーに許可は必要?


店内の厨房で調理した料理をテイクアウトやデリバリーで販売する行為は、飲食店営業許可の範囲内なので、新たな手続きは必要ありません。本来であれば店内で食べていただくものを詰めて持って帰っていただく、配達してあげるのは、蕎麦屋の出前と同じです。問題はなのは、その商品を独立した商品として販売する場合です。だから、関係がないと思わないでください。例えば自家製ハム。これはお弁当につめてあれば大丈夫ですが、当店の自家製ハム1パック1000円というような売り方をすると許可が必要です。

アイスクリーム、シャーベット、アイスキャンディーなどを売りたい


アイスクリーム類製造業が必要な場合があります。飲食店や喫茶店で、アイスクリーム類を作り、その店の客に出す場合は、アイスクリーム類製造業の許可は必要ありません。その場で食べられるものをそのまま持ち帰る場合も問題はないと考えます。ただし、物品販売的な意味において、アイスクリーム類を製造し販売する場合には、アイスクリーム類製造業の許可が必要です。例えば、パッケージに入れ、冷蔵庫で保管しているアイスクリームを販売するような場合です。「アイスクリーム、アイスシャーベット、アイスキャンデー、その他液体食品又はこれに他の食品を混和したものを凍結させた食品を製造する営業」と定められていますので、アイスクリームに何かをまぜて販売するのもこの許可が必要になります。

自家製ハムを販売したい


これが一番多いのではないでしょうか。ハムのような加工食品だけを個別に販売する場合は、食肉製品製造業許可が必要になります。自家製ベーコン、ソーセージなども同じです。また、燻製のもの、いぶし、あぶり若しくはむす操作を施したものも食肉製品です

自家製のかまぼこを売りたい


魚肉ねり製品製造業という魚肉ねり製品を製造する営業許可があります。魚肉ハム、魚肉ソーセージ、鯨肉ベーコンなども含みます。

自家製のレーズンバターを売りたい


乳製品製造業の許可が必要です。粉乳、練乳、発酵乳、クリーム、バター、チーズ、その他乳を主原料とする食品を製造する営業のことを刺します。

食品の安全確保上問題がなければ、施設や設備の一部省略、または、他の食品営業許可施設等との施設設備の共用が認められます。許可さえとっておけば問題はおこらないと思いますので、ご相談いただければと思います。

03-4590-1230
info@edopolis.jp

カテゴリー: コロナ, 成長・継続, 許認可(成長・継続) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください