<コロナ>日本政策金融公庫対策

昨日、政策金融公庫の課長と電話で話したところ、窓口は相当の混雑のようです。したがって公庫に行くのは諦めた方が無難です。公庫の課長も言っていますが、窓口申込はむしろ時間がかかると考えてください。そこで、郵送での申込という手段になるのですが、はやく融資をうけるために注意していただきたいことがあります。

必要資料はHPからダウンロードしてください。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_info_a.pdf

必要書類を整理すると以下のとおりです。

1.個人事業主


(1)すでに公庫と取引のある方

  • 借入申込書
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書の写し※青色申告の方は青色申告決算書を含む
     白色申告の方は収支内訳書を含む<
  •  

(2)公庫との取引が初めての方

  • 借入申込書
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書の写し
  • ご商売の概要(お客さまの自己申告書)または創業計画書

2.法人


(1)法人営業ですでに公庫と取引のある方

  • 借入申込書
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書・決算書の写し(勘定科目明細書を含む)

(2)公庫との取引が初めての方

  • 借入申込書
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • ご商売の概要(お客さまの自己申告書)または創業計画書
  • 法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本

審査を速めるために


しかしながら、今回は一日でも早く資金を調達したいので、審査をはやく進めさせるため、以下の書類を作成いただくことをお薦めします。

  1. 試算表(税理士からもらう、なければ会計ソフトで作成する)
  2. 返済計画表(無理のない返済であることを過去と今後の資金繰りから説明する)
  3. 資金額の根拠(使途、算出根拠の説明)
  4. 経営計画書(2の返済計画の根拠になります)

審査は手間のかからないものから進んで行きます。付箋やマーカーでポイントになる数字などをハイライトしておくと審査の手間が省けます。2から4までの書類については、テンプレートを作成しましたので、必要な方はご連絡ください。

以上の書類を全て準備してください。もし、不安であれば当事務所にお送りいただければ無料でチェックします。東京都行政書士会は日本政策金融公庫と提携をしております。普段は計画書の作成については費用をいただきますが、コロナで真水の借入部分については、無償で対応します。尚、当事務所からお付き合いのある担当者に送ることも可能です。

提出後の面談


公庫の担当者から電話がかかってきます。(通常は訪問して面談をしますがコロナ資金は電話面談のようです)。何を聞かれるか、ポイントは以下の2点です。


金額が適当かどうか


いくらコロナ対策で緊急といっても、明らかに不要な金額を貸してくれるわけではありません。落ち込み額がいくらくらい、元に戻すまでの資金がいくらくらいか、説明できるようにしてください。「少しでも多くお金を借りたい」というのは、金融機関の担当者が一番いやがることです。


返済の見込み


コロナ対策といえども返済見込みがなければ貸してはくれません。今、借入がある場合には、借り換えて、返済額を増やさないのも一つの方法です。

融資決定時


公庫の担当者から「融資が決定しました」という連絡が入ります、公庫から借用証書や、融資実行に必要な書類について記載された用紙が送られてきます。必要事項を記入・押印(実印)の上、必要書類を準備し、公庫に返送します。書類が公庫に到着後、約2週間後に指定の口座に入金されます。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください