外国人雇用とビザの手続

外国人が社内にいるということがあたりまえになりつつあります。現場に近い仕事では、圧倒的に人がたりません。また、高学歴の層では国際的な人材資源のとりあいがおこっています。

さて、外国人を雇用する際には、本人のみならず企業も審査されます。本人に関する手続同様、雇用側の手続についてもご相談承っています。

外国人であれ日本人であれ、人は大事な資源です。しかし、外国人の場合、言葉の壁、文化の壁に加え、日本で働く目的も人によって様々です。日本人ですら、「会社のために」という一律的な価値観はすでにありません。仕事とプライベートのバランスに気を配らなければなりません。そういう意味では、外国人、日本人という違いを超えたマネージメントシステムが求められていると思います

当事務所は外国人の在留資格の取得から業務を開始しました。彼らの中には、真摯な者もいますし、いい加減なものもいます。そこは日本人と同じだと思います。外国人を雇用するにあたって、何かお困りのことがあれば遠慮無くご連絡ください。

外国人を雇用する場合、まず本人が働ける在留資格をもっているかどうかが重要になります。もっていない場合には、在留資格をとらせることも考えなければなりません。また、労務上、外国人故にしなければならないこともあります。

詳しくは専用サイトでご覧ください。

外国人雇用とビザの相談室

 

To People from different countries

We have an information website for people from different countries.
You can check it at the link below.

http://visajapan.tokyo

Check our Facebook Page “Visa Japan Tokyo

https://www.facebook.com/visajapantokyo/