明治以来の民法改正

成人が18歳にひきさげられます。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/06/12/seijin_a_23457569/

未成年はであることは、いろいろな許認可において、欠格事由とされます。例えば、宅建士。

もちろん行政書士も未成年であることは欠格事由です。

つまり、18歳で行政書士試験に合格していれば、行政書士になれます。

高校生のうちに勉強して、行政書士になれる人がでてくるもしれません。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です